GmailをiPhoneで受信・送信する設定方法|アプリの使い方

スポンサーリンク

本記事では、GmailをiPhoneで受信する方法
分かりやすくご紹介させていただきます。
WEBメールのメリットを享受できるので、是非、実践してみてくださいね。

スポンサーリンク

GmailをiPhoneで使う

GmailはWEBメールなので、PCはもちろんですが、タブレットやスマートフォンで
使うことができます。これは全ての端末で同じメールアドレスを管理できる事に
なりますので、とても便利です!家でも、出先でも、会社でも使えます。

iPhoneの設定方法

1、まずはじめにiPhoneのホーム画面から「設定」アプリを起動します。

2、「メール/連絡先/カレンダー」を選択します。

3、上部にある「アカウントを追加」を選択します。

4、各アカウントのロゴ一覧表が表示されるのでGoogleのロゴを選択します。

5、Googleのアカウント入力画面になるのでメールアドレスとパスワードを入力します。

6、続いてiPhoneとGoogleを共有するか許可を求められるので下部にある「許可」をクリックします。

7、Googleと共有する項目が表示されるので「メール」を選択します。

8、設定完了です。

8ステップに渡り少し煩雑ですが、これで受信が可能となります。

さらに便利で簡単な受信方法(アプリ編)

下記にさらに便利で簡単な受信方法を同じくまとめましたのでご一読ください。

1、GmailのアプリをiPhoneでダウンロードします。

2、アプリを開きログインします。この段階ですでにiPhoneからメールを確認できます。

Gmail - Googleのメール

(2015.12.24時点)
posted with ポチレバ

アプリで閲覧する方法ですので、iPhoneで受信しているとは言えませんが、
メールの設定が簡素化されます。

iPhoneでGmailが来たら通知してもらう方法

さらに、受信したメールをiPhoneでポップアップ表示する方法および受信するメールを取捨選択する方法を分かりやすくご紹介いたします。

1、iPhoneのホームから「設定」アプリを開きます。

2、「通知」を選択します。

3、端末内のアプリ一覧が表示されるので、「Gmailアプリ」を選択します。

4、「通知を許可」というボタンが表示されるので許可します。

5、ポップアップで表示されるiPhone画面上の場所とサウンド、ロック画面に表示させるか

   等々選択できるのでお好みの設定をします。

これでメールを受信した際にiPhoneの画面にポップアップで表示されるようになります。

Gmailから来た特定のメールだけ通知してもらう方法

続いて、Gmailで受信したメールのうち、どのメールをiPhoneでポップアップ通知するか
設定する方法をまとめましたのでご参考ください。

1、Gmailアプリを開きます。

2、メニューを選択します。

3、歯車のアイコンを選択します。

4、[すべてのメール]、[メインのみ]、[なし]から選択します。

iPhoneのGmail設定でバッテリー節約術

さらに小ネタですが、バッテリーを節約する方法をご紹介いたします。

1、上記の3番で、[メインのみ]を選択して通知の数を減らします。

2、画面ロック通知をオフにします。

3、バッテリーを最大限節約するには、[なし]を選択して通知をオフにします。

まとめ

今回はiPhoneでの設定方法をご紹介しました。
スマートフォンであれば、iPhone以外でも問題なく設定が可能です。
お使いのデバイスで設定しておくととても便利なので是非使ってみてくださいね。

こちらも合わせて読むとGmailの理解に役立ちます

Gmailアカウント取得は簡単!ステップ4で完了
Gmailはスマートフォンやタブレット、パソコンから無料で利用することが出来るメールサービスです。メールの保存容量が大きく、メールを受信した...
Gmailの迷惑メール対策法|設定方法について
Gmailを分かりやすくご紹介される場合、 ブラウザの受信画面を見ながらまとめて理解する事が役立ちます。 迷惑メールは、メール受信や管理...
GmailとYahooメールどっちを使うべき?
企業や個人がメールを使う機会は多く、メールサービスやメールクライアントソフトの選択によって、使い勝手が大きく変わってきます。 Gm...
Gmailのメリット・デメリットをご紹介
多くの人がスマートフォンを持つようになった現在、スマートフォンと 同様にGmailも大きく普及しています。 実用性に優れ利用する人が非常...

Gmailに関するおすすめ書籍リスト

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.